社長の抱える悩みは色々です。

『社長のお悩み相談室』にて実際によくある4つの問題について書かせていただきました。

 

  1. 社員を増やしても売上があがらない理由とは
  2. 売上が社長次第で決まる
  3. 社員との「立場の違いによる」人間関係問題
  4. 本当にやりたいことが出来ていない

 

実は、この4つの問題には共通点があります。それは

 

「社長」と「社長以外」との差

 

差にも色々あります。

例えば、

売上をあげたいと思う気持ちの「差」

経営者として抱えている大変さに対する理解の「差」

ビジネスに対する熱い想いの「差」

挙げたらきりがないですが、それだけの「差」があります。

ですが、それも仕方のない事です。

 

会社員時代の自分もそうでした

実際、僕が会社員時代も同じでした。

会社のためと思って必死になった事はありません。

なったのは、自分の担当するお客様のためであり、自分の給料のためでした。

 

もし、あなたが会社員の経験があり、その時でも社長のように会社の売上を考え、いかにして経費を削るかも考え、自分の給料よりも会社の経営に意識が向いていたとしたら、僕はこれまでの話を謝るしかありません。会社員時代の僕にはとても考えられない事だからです。

 

ですが、もしあなたも僕と同じ会社員時代を経験し、今は社長として、経営者として考え方が180度変わったのであれば、この続きを読むだけでも問題を解決するヒントになるはずです。

 

「社員が増えても売上が上がらない問題」の解

売上を伸ばそうと思って社員を増やしても、結局売上はあがらないという問題について。

その理由は、社長であるあなた以外に売上をあげたいと思っていないから

とお話しました。

 

ではどうすれば解決するか。それは、

 

あなた以外にもう1人、あなたの会社の売上をあげたいと考える人を作ることです。

 

「それが出来ないから困っている」という声が聞こえそうですが、社内で作ろうとするから上手くいかないわけです。

社外の人で、売上を本気であげたいと思う人を作る事です。

 

しかも、社員1人の給料よりも安く、売上をあげるための人がいたらどうでしょうか?

そのお手伝いを私はやっています。

 

社長であるあなたは、社員を雇ったらすぐに辞めさせるわけにはいきません。

ですが、コンサルタントは契約制です。

社員を雇うのとは全く違います。

不要だと思ったら、契約満了で終了です。

 

売上をどれだけあげてくれるかわからない社員を雇うリスクと、契約期間で満了出来て、社員を雇うよりも安い金額で売上や利益をあげるためのコンサルタントでは、どちらがリスクがありますか?

 

社員を増やすという大きなリスクを背負うことなく、あなたの右腕を外部に作ってみませんか?

 

無料相談のお申し込みはこちら

 

「売上が社長次第で決まる」の解

会社の売上がトップ営業マンである社長次第で決まっている。

でも本当は

 

  • そろそろ現場は引退したい
  • せめて営業面だけでも誰かに任せたい
  • 自分の頑張りがそのまま売上の善し悪し直結するのを何とかしたい

 

このように考えている社長が多いという悩み。

仕事は好きだけど、本当はもっと楽をしたい。

 

この状況を打破するためには、あなたが楽をするための仕組みが必要です。

そのためにはまず、「どうやったら社長であるあなた自身が楽を出来るかを考える事から始まります」

 

「社員を信じるだけでは上手くいかない事が多い」ともお話しましたが、ただ信じれば良いわけではありません。順番が大事です。

社員の事ばかりではなく、先にあなた自身の事を考える事から始めてましょう。

そこを相談出来る社員の方はいますか?

 

もしいないのであれば、まずは第三者である僕とお話してみませんか?

 

無料相談のお申し込みはこちら

 

「社員との「立場の違いによる」による人間関係問題」の解

立場の違いによる社員との人間関係の問題。

ここに社長自身がいくら伝えようとしても難しいのが現状です。

 

なぜなら、

社員の方にとって都合の悪い社長が言う言葉は一切受け入れないからです。

その逆で、自分にとってプラスであれば、素直に受け止めてくれます。

 

もしあなたの本心を知り尽くし、かつ会社の状況も把握していて、社員の方達との関係も非常に良好な社員がいるのであれば、その方に任せてしまったほうが良いでしょう。

社員の方達も話を聞いてくれるはずですし、受け入れやすいかもしれません。

 

人選については、あなたの信頼もあり、社員からも本当に信頼のある方じゃなければいけません。
(決して独立しようと考えている方にはお願いしないようにしましょうね)

 

ただし、これで失敗してしまうケースもあります。

なぜなら、その信頼のおける社員も「当事者」だからです。

必ずどちらかに寄った考えにはなります。

 

どちらに寄るかは、当然ですが社員の方です。

 

これは、「給料を払う人」と「給料をもらう人」という真逆の立場の間に立つ事になるからです。

社員はあくまでも社員なので、給料をもらう側の立場ですよね?

支払う側にならない限り、社長であるあなたの本当の気持ちを理解するのは難しいのです。

 

ではどうしたらいいか?

 

第三者的な立場の人を入れる事です。

僕のようなコンサルタントはもちろん、第三者として社長とも社員とも関われる人です。

 

第三者と言っても、結局は社長よりなんでしょ?

と社員が思うのでは?と感じるかもしれません。ですが、例えば僕らコンサルタントの場合、社員からの反発により契約を更新出来ない事もあります。

 

それは、社長により過ぎてしまった場合ですね。

こうなってしまうと、社長に媚を売っている社員と同じように見られてしまいます。

 

なので、社長と社員の両方に対して平等に、対等に関われる第三者が必要となります。

 

社長が言っても伝わりづらい事も、第三者から伝わると受け入れられる事はよくあります。

社員の方からしても、社長には言いづらい事も、第三者的立場のコンサルタントには話してくれる事もよくあります。

 

直接言うと、お互い感情的になる事もありますが、間に人が入る事で感情的にはならず、冷静に聞くようにもなれます。

 

コンサルタントである僕もそうですが、第三者に必要なのは「同等である」という事です。

コンサルタントでよく勘違いされる事が、「上からアドバイスをする」という事です。恐らくそういった方もたくさんいると思いますが、本来コンサルタントは「パートナー」です。

 

「社長のパートナー」であり「社員のパートナー」でもあります。

 

なぜなら、社長であるあなたの目的を達成させるためには、社長だけではなく社員の方とも横に並んでいる「パートー」である必要があるからです。

社長だけではなく、社員の方達の力があっての会社です。100の力があるにも関わらず、50しか出ていないのはもったいないですよね?

 

目的までの道のりを最短距離で進むには、今ある力を最大限に使う必要があります。

その最大のブレーキになっているのが、「立場の違いによる人間関係」である事が多いので、早急な解決が望ましいのです。

 

「立場の差による人間関係があるかもしれない」とお考えの社長のための無料相談のお申し込みはこちら

 

「本当にやりたいことが出来ていない」の解

まずはこの問題を理解してくれる人に話す事です。

家族が理解してくれるなら家族でも良いです。

社員の方が理解してくれるなら、社員の方に話しても良いでしょう。

 

ですが、正直言って家族や社内の方では難しいと言わざるをえません。

例えば家族であれば

「今上手くいってるんだからそれでいいでしょう!」

「余計なことしないで今の事業を大きくしたら?」

と言われることになるでしょう(このように優しく言ってくれたらマシかもしれません)

 

社員の方であってもそうです。

表向きはわかりませんが

「余計なことしないで俺の給料増やしてくれ」

「社長の気分に付き合ってられないわよ」

と思われてしまうのが現実でしょう。

 

ですが、これは仕方のないことです。

なぜなら

 

家族も社員も社長ではないからです。

 

そして、家族や社員が社長であるあなたに求めることは

「安定」と「自分の収入増」

だけだからです。

 

社長であるあなたがもっと楽しみながら、やりがいのあるビジネスを始める事が、実は「安定」にも「社員の収入増」にも繋がるとは理解出来ません。

 

ですが、この問題はこの先5年10年に関わる大きな問題です。

 

もしあなたに漠然としたモヤモヤがあるのなら、無料相談にて是非お聞かせ下さい。

 

それぞれの問題は違っても、、

社長と社員では、立場も危機感も全く違います。

それを無理やり理解させる事は不可能に近いです。

 

立場も危機感も全く違う事を理解した上で、初めて解決への道は開けます。

 

そのためには、あなた一人でやろうとしない事と、社員の方に任せてしまわない事です。

 

もちろん、僕自身がお話させていただければ嬉しいです。

ですが、もし他に相談出来る方が近くにいるなら、その方にまずはお話してみても良いと思います。

もしかしたらお願いしている「税理士さん」かもしれませんし、同じ悩みを持っている「社長仲間」かもしれません。

 

一度第三者に聞いてもらう事が本当に大切な事です。

なぜなら、当事者だけで今まで問題の解決になっていないからです。

 

もう1つ最後にお伝えしたい事は、「社長であるあなた自身の時間を重要な事だけに使えるようにして欲しい」という事です。

会社に取って、最も貴重な物は、社長であるあなた自身であり、あなたの時間です。

 

あなたの貴重な時間をどれだけ有効に使えるかが、会社の売上に最も直結するからです。

売上を作るのが営業マンだとしても、そこには社長であるあなたの行動や時間の使い方次第で上限は決まってしまうと言っても過言ではありません。

 

任せる事は任せ

やるべき事だけをやり

売上も利益もアップさせる

 

そのための第一歩を一緒に踏み出してみませんか?