社長と社員

同じ会社にいても、立場は全く違います。

立場が違うのは当たり前ですが、それ以上に違うのが「危機感」です。

 

「うちは社員と距離も近くて仲が良い」

こうおっしゃる社長はたくさんいます。きっと本当に仲も良く、距離も近いのだと思います。

 

ですが危機感や会社に対して考え方が違う以上、そこには見えていないとしても深い溝があります。

 

例えば、売上が落ちているとします。

少しでも経費を削りたいのが社長ですよね?

ですが、社員は本当に理解し、それを行動にうつすでしょうか。

 

社員を増やしても売上があがらない理由とは」でもお話しましたが、社員の方が興味あるのは自分の給料です。残念ですが、会社の売上ではありません。

 

と言う事は、どれだけ売上が下がっていたとしても、社長が頑張っていたとしても、社員の方自身の給料が払われているうちは、残念ながら危機感は全くありません。

 

もしあなたがどこかで会社員をした後に社長になったのであれば、会社員時代を思い出して下さい。

 

  • 自分の給料が25万円だから、会社が払っている社会保険と、その他経費で実際にかかっているのは…
  • カラー印刷は高いから、白黒にしておこう
  • 暑いけど電気代節約のために温度は高めに設定して、電気もマメに消そう

 

なんて考えたことありますか?

ないですよね?

 

恥ずかしながら僕自身、カラー印刷が高いという事以前に、印刷なんて無料だと思ってました。

営業にかかる交通費も、安い方ではなく楽な方を選んでいました。

 

恐らく、どれだけ社員の方に話したとしても全く伝わりません。

それどころか、

「売上あげろ、経費を下げろ、社長はいつもお金の話ばっかり」

「毎月売上100万円あげてるんだから、せめて70万円は欲しい」

などと平気で言ってしまいます。

 

これは、立場が違う以上は仕方のないことです。

社長であるあなたと、社員の方達は、見ている場所も違えば、見えている事も全く違うからです。

 

この問題を解決するためには…